なついの日記

ハロプロとMesemoa.の兼オタが両グループについて語る。

ハロプロのオタクが男性アイドルのライブに初めて行った結果。

 

 f:id:lovers0708:20180818075608j:plain

 

 

 

 はじめましての方ははじめまして。ハロオタ5年やってきてMeseMoa.の沼に堕ち、もうすぐ一か月になる女がわたしことなついです。人生で一番短い一か月だったかもしれない。動画あらかた見てチケット取ってCDあれとこれが欲しいんだよなぁ…でも廃盤っぽいんだよなぁ…とか呟いたらほいほいと譲ってくださる方が現れ、順調にイルミィの道を進んでいるもようです。

 

 ところで今週は怒涛のZepp5days(親族含む)が開催されていたわけなのですが、

元々自分の金でチケットを取っていた17日のGISに加えて14日のDDDP、16日のフリーライブにも行けてしまったのです…!なんて贅沢。フォロワー様とタイミングに感謝。

 前回のブログで(未参戦にも関わらず)あれだけの内容を拡散してしまったので自分もちょっとかなりどきどきしながらの参戦だったんですけど、期待以上なところもあれば、予想外なところもあって。これ別に書き残さなくてもいいことなんだけれど、遠い未来に読み返して恥ずかしくなりたいし前回あれを書いたならやっぱ書かなくちゃなと思って書くことにしました。メンバーのパフォーマンス語りではなく(いずれ絶対やるけどね!)あくまで私自身の話です。

 

 

※かなり恥ずかしい話をしています。とっても。

※とみたん同担拒否の人はたぶん読まないほうがいいんじゃないかなぁと思う

 

 

 

ハロプロのオタクが男性アイドルのライブに初めて行った結果。

 

 

 

 わたしにとっての記念すべき初参戦現場となったDDDP初日。

落ち着いて見られるところをば…と探した結果PA卓の正面が空いてたのでそこにいたら、本番前にK'suke先生がいらっしゃって思わず何度も見てしまった(ギルハーの脳漿動画に沸いた世代)始まってすぐ花道正面までメンバーが来て、整番悪くてもここまで見えるんか…!と感動しました。二曲目くらいで隣にいたとみたん推しの方がこっち方向への指差しで見事に崩れ落ちてて面白かった…

 

 

 とか思ってるうちは余裕があったよね。

実際に目にした感想はやっぱり「画面の向こうの皆がここで生きてる…」でした。

画面がなくなった今、生身のオーラと輝きが半端なくてほんとに眩しかった。

大人数でやってるお祭り的な空気感、セトリも明るい曲が多くて、みんなが本当に楽しそうで笑顔に溢れてて、多幸感に溢れたライブでした。パラゴンちゃんたちやちょこぼちょこべびさん達はここまででかい箱では普段できないからなのかかなり緊張してるように見えて、逆にMeseMoa.のみんなはステージを120%楽しんでる感じで笑顔の端々に感慨深さみたいなものがあるきがした(勝手に解釈)。

 それはそうと、MeseMoa.以外のDDメンバーについては完全に初見だったせいで、わたしに搭載されてる初見のアーティストやグループを勝手に分析する機能が仕事してしまいMeseMoa.が見足りねぇ~!!でも明後日あるからいいや!とふわふわした気持ちで帰る。一日目終了。

 

 で、一日空いて8月16日はフリーライブ。14日よりも格段に人が集まっていて戦々恐々としていました。逆最前っていうのかな?二階席が屋根になってるエリアは古参の方たちだったのか声出しやノリがすごくてびっくり。MCも面白かったし何より念願のハロ曲が観られて本当に沸いた。Fantasyが始まるの後かな?場位置が3×3で並んだ時にイントロ始まる前から本能が口から出てみかんだと叫びましたほんとに良かった…あと意外とコールで声出しする人が少なくて(悲鳴はあるけど)それがちょっと意外だった。そして最後に突然の半径2メートル圏内まで接近するというイベントが発生しorz

 

 気が付かないふりしてたけどもうこの時点で色々と察していた女ドルオタは会場を出てから心の中で絶叫しました。

こりゃ恋にも落ちるわ!!!!!!!!!!!!!

 

 女ドルオタあるあるなのかもしれないんですけど、男性アイドルのオタクにいるガチ恋同担拒否というジャンルの人々については完全に他人ごとというか、馬鹿にしていたわけじゃないけど「絶対に叶わない恋する意味あるの…?」と軽視していたふしがあったことは否定できないし、自分は絶対にガチ恋にはならない謎の自信があったんですよね。そもそも私が動画で見てるときのメンタルっていうのはメンバーのギャップとか笑えるところに萌えたり燃えたりする、女ドルに対してとなんら変わらないスタンスだったんですけど。

 でもね~~~~~~~~~~~~~~~~~~わかるわ。実際に見ちゃったら違うのね。同じ世界に生きてると知ってしまった今、うまく説明出来ないんだけど、言葉を選ばずに言うと、自分の女の部分が目覚めちゃったかな~!!そうか~!!やっべー!!みたいな衝動でした。きももだね!

 具体的になにでそれを実感するかっていうと、前の方の人たちがライブ中に絡まれてたりとか、古参の人にしかわからないネタがあったりとか超羨ましくて、あとはtwitterで撮影会とかのレポを見ると本当に羨ましくて、嫉妬なのかな。初めてわたしの中に認知されたい欲が生まれたって自覚した時はほんとうにびっくりだった。薄ピンクのペンライトを振ってる、自分よりももっともっときれいなお姉さま方を見て自分にがっかりしたりもして、そんな自分を冷静に見てなんだこれなんだこれなんだこれなんだこれ!!!ってなった。

 だって今までわたしはライブでも必ず2階席で、声はそこそこ出してても何よりもパフォーマンスを見ることに重点を置いてたので(白服さんスタイル)、レス貰いたいとかも無かったんですよ。ほんと、男性アイドル舐めてたっていう気持ちが正直なところです。個人的にはもっとハロを推すときのようにスポ根の如く情熱とエモで推していきたい所存だったんですけど、そんな簡単にはいかなかった。

 

アイドルがみんなのものって、つらいこともあるんですね。

 

 ガチ恋無理勢もいると思うので最初に断っておくと、ほんとにいわゆる”ガチ恋”ではないです。毎朝リプ送りたいとか同担拒否とか全然思わないけど、でもなんていうか…友達になりたいっていうか、現状のわたしのような名もなきモブよりちょっと上の存在になりたい、もっと話したいし認知されたい、”わたしという存在に関心を持ってほしい”っていう気持ちが生まれたことがわたしにとって衝撃的な事実でした。

 あと、フリラが終わった時も、「「「これだけ…???」」」っていう気持ちだったの。これはパフォーマンスに不足があるとかじゃなくて、あそこまで頑張って背伸びしてたのにわたしメンバーに会えないで帰るの???なんで???みたいな。(おこがましいにも程がある)

 

 なんか、これが逆に接触を一切やらない、距離感のあるタイプのアイドルだったらそこまで考えなかったと思うんですよね。わたしの”関心を持ってほしい”に至るまでのメンタリティっていうのは、単純に推しだから会いたいという気持ちはもちろんあるけど、何より他の人は推しに認知されてるのにわたしはされてないのがつらいみたいな感じだったんですよ多分。twitterで他のイルミィさんたちとたくさん繋がれたのも今までにないことで結構影響あるかも。今まで他のハロオタの存在なんて意識したことなかった)これ女の怖い部分ってやつなのかなぁ。結構自己嫌悪がやばい。

 しかも、それを達成するためにはお金がかかるじゃないですか。わたしは欲求をずっと抱えてることがストレスになるタイプなので欲しい物はすぐに買うんですけど、一方でソシャゲとか終わりの見えないものには絶対課金したくないタイプでもあって、底の見えない接触沼にはほんとに入りたくなくて。

 

 まじかー!!自分まじかー!!って思いながら電車にのってた現場二日目でした。

 もうほんとショックだった。ハロ曲やライブで聴きたかった曲がいっぱい聴けた感動と同じくらいもやもやしてて、んぁ~すっきりしない!不完全燃焼!っていう気持ちだった。

 

 

 で、現場三日目。記憶に新しい、アプガ×こぶし×MissMoa.という前代未聞のイベントでしたね…

 これもうほんっっっっっっとに楽しみにしてたんですよ。自分の金でとったチケだからっていう思い入れもあるけどやっぱりハロとのコラボっていうのがでかいし、MissMoa.が何やらかしてくれるのか楽しみでしょうがなくて、こぶしのメンバーとMissMoa.の絡みを想像するだけで仕事中にニヤニヤが止まらないくらい楽しみでした。昨日までの葛藤はいったん置いといて、もうメンタルは完全にハロオタ。強火な男オタさん達が来ることが楽しみでしょうがなかった…っていうとなんか変ですけど、クラスの男子のノリが楽しいみたいな感じです。

 これまでの二日間を通して感じていたもうひとつの不完全燃焼が、意外とみんな静かなんだなってことで、これは多分比較的後ろの方だったわたしの整番の問題でもあるんですけど。結構いろんな人がいろんな楽しみ方をしてるんだなって感じで、それはそれで新鮮だった。わたしがハロの現場を好きな理由のひとつは、男子のノリに女子がついていって髪やメイクを気にせず一緒に雄たけびを上げるみたいなエモさと一体感だったんですけど、やっぱり接触があるからなのか大人しめなノリの人が結構多いなと思っていて。だから反動なのかわからないけどハロ現場のあの熱量を全身が欲していて、男オタさんたちに期待しかなかった。

 で、ライブ始まったわけなんだけれどもうね~~~!!!!

 まずアプガが来て、もうひたすらに眩しかった。相当厳しい道を歩んできて大人の女性へと成長した美女戦士な4人がひたすらにかっこよかったしそんな彼女らを姉と慕う(2)の初々しさも眩しくて泣けた。このアイドル戦国時代通り越して泥沼時代によくそんな険しい選択をしたなと思うと泣けた。つんくの曲、サビ前のBメロ?の語尾が上がるところがめちゃめちゃにつんく節。普通のポップスならもう半音か一音くらい下で止めるところをあえて上げるんだよね。好き。アッパーカットとアッパーレーは超楽しかった。ハロでもここまで出さねえってレベルで声だして既に相当温まってるのにこぶしファクトリー”明日テンキになあれ”。この曲は今こぶしが置かれている立場に重ねると本当に泣ける曲で。「天気」と「転機」をかけてるんですけど。こぶしは本当に楽曲に恵まれてるし技量も高くて、会場もはじめっから最高潮にならざるを得ない感じでしたね。周りの男オタさん達も総立ちになっててみんなで叫ぶのめっちゃ楽しかった。最後のシャララもすごく好きだしあれを歌っているメンバーの存在が尊い。”タイムリミットが来る前に行けるところまで行ってみよう”って全アイドルの覚悟よな~!

 で、MissMoa.のターンが来て、伝説の”セクボUターン”を生で見ました。

 ほんっっっっとうに楽しかった…Fantasy、わき愛、泣いちゃうかも、みかんに全力でコール入れて、男も女も関係なく一緒に叫ぶだけのあの一体感最高だった。嫌なこと全部忘れて絶叫してました。最後の大逆転ディーラーはちゃめちゃにかっこよかったね…!最後にあれで勝負してきたの本当に大逆転だったし真髄見せたるわ…!っていうメンバーの気迫がすごくて鳥肌立った。最後のしろf…ふくえ様がここ三日間で一番凄みとエロさ爆発してて息止まった。

 

 そんな感じでずっと二階席で死ぬほど盛り上がってたんですけど、やっぱ二階席は背伸びするようなストレスが少ないし、誰かを目で追うことに疲れなくて良かったです。物理的な距離はあるけど、その間に人がたくさんいるって感覚は一階よりもなくて、よりダイレクトに観られた気がしました。またZeppあったら2階がいいかなぁ。

 そして終演後は余韻にふわふわしながらけい子様の忠実な下僕はもちろん上々軍団の物販に並ぶよね~!!!娘。のメンバーがBDイベでお世話になってる五郎さん啓太さんと写真なんて全然魅力的だったし(佐藤優樹ちゃんの色点灯した公式ペンラと一緒に撮った)「二十歳」がいい曲だった。そしたらさぁ~~~~~~!!!!物販のフロアに男性限定全握のためにMissMoa.が舞い降りたのですよ…二度目の至近距離。

 男性陣と握手してるメンバーがほんとにうれしそうだったし楽しそうで、我がことのように嬉しかったです。他のメンバーが帰ったあともフロアに残ってたあおいくんに一瞬だったけどお礼が言えてほっとして、幸せに浸りながら帰路についた。

 

 これがわたしの怒涛の三日間でした。

 ほんとに文章にすると死にたくなるんだけどもこれを無視して先には進めないような気もして書いちゃった。これを世間では自爆というのだな…

 

 色々書いたけど、端的に言うと「私は推しを見ているのに、推しは私を見ていない」事実に直面して絶望したってことなんでしょうねきっと。(以前、どなたかの初接触レポを読んだ時も同じようなことが書いてあった気がしたのですがもはや接触に至る前にそれを味わっている…)

 17日は完全にハロコンでちゃんげろソニック的なノリで楽しめたので、14日16日は不慣れさやアウェイさもあったのかもなぁとか色々思ったり。…なんか文句言ってるみたいですし内容が内容だけに現場楽しくなかったの????って感じですけどほんっとうに楽しかったんですよツイート参照。メンバーと同じ空間を共有できて、一緒に盛り上がって、歌を生で聴けて、最強に楽しかった。特にDDDPの絶好調days,フリラのZENBU,17日のFantasyは最高だった。楽しかっただけにその先が欲しくなっちゃったってことなんだろうなぁ。それがわたしには初めての体験で違和感ありまくりだけど、でもこの気持ちはきっと歓迎するべきものなんでしょう。それだけ魅力を感じているってことなんだから。願わくば、他の人のことはあまり気にせずに、わたしのなかのわたしにとってのMeseMoa.を大切に応援していきたい、それで顔を覚えてもらえるくらいには距離を縮められたらいいなー。ダーリンの何分何秒のここがいいよね!って話がしたい。

 

 

 

 

 本当にこんなド新規の若造を輪に迎え入れてくださった皆様に感謝です。

 今までのブログの内容からかなり年齢を高めに見られているようなので早めに明かしておくとわたしはハロプロと同い年です。でも古参の方々が仲良くして下さり本当にありがたいです…

 あまり推敲もしていませんがこの機を逃すと恥ずかしぬから深夜のテンションでこっそり!今回は完全にわたしの話でしたがCDが集まったらもうちょっと音楽や生歌の話がしたい(書き溜めてる)その際は是非お付き合いくださいませ。

 

こんな駄文を読んで下さり感謝です。

合宿行ってきます

2018.8.18

なつい