なついの日記

ハロプロとMesemoa.の兼オタが両グループについて語る。

悪ふざけじゃない、TIFは目前。

はじめましての方ははじめまして。なついと申します。東京近郊在住の成人の女、ハロプロオタク歴5年目、Mesemoa.オタク歴11日目に突入しました。

 前回、わたしなりにMesemoa.との出会いを文章にしたらフォロワーさんに読んでくださった方がいらっしゃいまして、テンションがぶち上がったので2本続けて投稿します。


 そんな私、8月17日のODESSEY PRESENTS GIRLS IDOL SPLASH!!にて現場デビューしてきます。なんとハロプロとの共演という、私にとっては非常にホームな環境。というわけで兼オタとしては、是非ハロプロのオタクの方々にも今回共演する謎に包まれたグループ…そう、Missmoa.(みすもあ)のことを知ってほしい!という思いで情熱に身を任せ書ききりました。ハロオタにMissmoa.を紹介するスタンスの記事ですが、ハロオタでない方でも面白くなくはないはず(多分)ですのでよろしければ読んでいってくださいませ。






悪ふざけじゃない、TIFは目前。





 このTIFっていうのはTOKYO IDOL FESTIVALの略で、つまり女性アイドルのフェスです。ハロプロからはつばきファクトリーこぶしファクトリー、去年はレジェンド枠として℃-uteを卒業した岡井千聖ちゃんなんかが出てました。


そう、女性アイドルのイベントなのですよ…



※ここまで読んで察したイルミィの皆さんいらっしゃるかと思いますが、書きたい内容の都合上、親族の皆様に関する''暗黙の了解''をぶち破っていきますので地雷になる方はブラウザバックをお願い致します。












  このTIFを本気で目指している、男性アイドルグループもとい女装アイドルグループ。それが、Missmoa.(みすもあ)です。
  暗黙の了解を無視して説明してしまうと、ハロオタ男子が中心になって結成された男性アイドルグループMesemoa.(めせもあ)のメンバーの「本気の女装」によって生み出された''女性アイドルグループ''であり、昨年10月31日に衝撃のデビューを果たして以降、いくつかのイベントに出演し注目を集めているみたいです。なにぶんド新規なので現場に立ち会えていないのですが、Girl's neon Live!にも出演しており、今年8月25日のアイドル博覧会@JAMにも出演が決定しています。両者とも出演者はほぼ全員女性。
 つまり、世間からは完全に女性アイドルとして扱われているのですよ…
 ※中の人は男性アイドルです






  Missmoa.メンバーのプロフィールについて書き始めると終わりが見えないので取り急ぎ簡単に載せますが、


f:id:lovers0708:20180731031748j:plainf:id:lovers0708:20180731031812j:plainf:id:lovers0708:20180731031814j:plain


こんな感じ。
女ってなんだっけ…
※中の人は男性アイドルです





 それぞれ中の人とは違う細かいプロフィールを持っており(NY在住だったり室町時代から来てたり究極の美少女の概念体だったりetc)、twitterアカウントまで持ってるというディテールの細かさ。






自己紹介動画
www.youtube.com



 MCを見てもらえればわかるかと思いますが、完全に女子になりきっているというよりは''女装''であることを若干ネタにしてるような節もある。普通の女性だったらやらないような過剰な仕草とかね。そこが魅力でもあるんだけど。

 そんなわけでこのMissmoa.ちゃんたち、ただの男子の悪ふざけって思うじゃん?ハロウィンの仮装の延長って思うじゃん?

違うんや…







 ここからはハロプロオタクの目線から見た、Missmoaちゃん達の実力と魅力について語りたい。

 先程も書きましたが、暗黙の了解を破って言ってしまうとMesemoa=Missmoaなので、Missmoaの実力だってそりゃMesemoaじゃんと思われるかもしれない。いやその通りなんだけど、女性アイドルオタクとしてはこう言いたい。
Missmoaになって初めて発揮される、Mesemoaの秘められた実力。
  これを説明するためには、母体であるMesemoa.(旧むすめん。)の誕生経緯について知ってもらう必要があるのだけど、そもそもMesemoa.というのはハロー!プロジェクトのファンが集まってモーニング娘。の楽曲「恋愛ハンター」を振りコピしたことをきっかけに結成されたグループで、最初はライブのセトリもほとんどがハロプロ楽曲の振りコピ。動画に上がっているだけしかわからないのだけど、娘。はさることながらベリキュー、アンジュ、スマイレージ、たんぽぽやプッチモニなど往年の名曲から'14の曲までかなりの数をコピーしてきた様子。
 他にもTWICEの曲を踊ったりだとか…そう。実はMesemoa.女性アイドルの振り付けで育ったグループなんですよね。(それってもうハロプロなのでは…?と思わざるを得ないオタク)今でこそオリジナル曲が主力で、元踊り手としてのダンススキルが活かされたかっこいい楽曲が目立つけど、過去のライブを見るとセトリのほとんどがハロプロってこともざらにある。

 そんな経歴を持つ彼らだからこそ、Missmoa.で実力を発揮できるのだと思う。
と、わたしが勝手に確信したのはこの動画の冒頭「むしゃむしょさんきゅー」と、2曲目「曖昧ジゴロ」の1:00あたりからの白鳥ふくえ様(センター)の動き。

www.youtube.com



  この動画ね…まず一曲目の「むしゃむしょさんきゅー」。何だこれ。可愛すぎんか。頭おかしい(褒めてる)
 踊りがもう完全に女子。完璧。最高。(語彙力
 冒頭のとみtn…とみたけい子様の雄々しすぎる煽りからのギャップが素晴らしい…。個人的に出頭のふくえ様→あかねちゃん→2子ちゃんが最高にかわいい。


 そして、問題の「曖昧ジゴロ」。

 何だこれ。ハロプロかな?
 わたしはハロプロのオタクなので、何それ褒めてない!と思われる方がいたら大変申し訳ないのですが、最大級に褒めてます。生歌ライブに耐えうる歌唱力、男性顔負けの(男性だけど)キレキレのダンスパフォーマンスと言えば女性アイドルはやっぱりハロプロ、あとは東京女子流とかかな。
特に1:00~あたりからの白鳥ふくえ様の動き、やばい。仕草とか身のこなし、もう本物。例えるなら高橋愛とか鈴木愛理の貫禄。(ふたりはハロプロ20年の中でも屈指のエースです) (…白鳥ふくえ様の中の人は筋金入りのハロオタなので、もしかしたら色々研究したのかもしれないけど。)
 この曲はMissmoa.ではなくMesemoa.のオリジナル曲なので、当然男性が歌い踊ることを想定した構成なのに、みんな全然痛々しくなく、かといって迫力負けもしてない。
 こういう一見お遊びって、「女装してるというギャグ的な面白さ」で終わっちゃうパターンがありがちだと思うんですよ。でも、そこで終わらない全力で本物のパフォーマンス、特殊な道程を歩んできたMesemoa.だからこそできるものだと本当に思う。
 いわゆる女性アイドルとも、Mesemoa.とも違う新しい魅力がある…。
 
 
とにかく、今までMesemoa.とむすめん。が積み重ねてきた数々の「踊ってみた」がここに来てまさかの形で成果を見せているような気がします。


www.youtube.com



 そもそも中の人であるMesemoa.は、いわば”後天性アイドル”であるものの、ダンスと歌を中心に5年以上活動しているわけで。ライブは当然生歌だし、ぶっちゃけぷんちゃんが言ってたような「男性版ハロプロ」にふさわしい実力をすでに獲得しているんですよね。だからMissmoa.の実力もまた然り。
正直、絶ッッッッッッ対ハロオタの好みだと思うんだよなぁ…


なんでこの記事、ド頭からいちいちハロプロと絡めて書くかっていうと、なんとMissmoa.とハロプロ、ついに共演するんですよね‼‼‼‼
ody-inc.com

 チケット取れた瞬間から、どうやったらMissmoa.がZeppで爪痕残せるかずっと考えてて夜も眠れない。
 いや、兼オタとして言うけどこの構図はやばすぎる。胸を張って言えるよ。(いや、め。本家より先に共演しちゃっていいんかい!?という複雑な気持ちはあるけど)
こぶしファクトリー、アプガっていうのはデビュー前から研修生として研鑽を積んだ中でも選りすぐりのメンバーが選ばれたユニットなので、バキバキに踊るし生歌どころか生アカペラ、ボイパもこなす超パフォーマンス特化型グループなのです。
www.youtube.com

 でもね、今のMesemoa.もといMissmoa.なら負けないと思う。むしろ、ハロオタという強力な味方を得る大チャンスだと思う。
 ハロオタという生き物は、アイドルの枠を超えたパフォーマンス能力がありながらテレビ露出が少ないというコンプレックスがある分、自陣のアイドルのパフォーマンスにものすごいプライドを持ってます。多分アイドルオタク界の中でも屈指のプライド高い連中だと思う(自分も)。その分、しっかり踊りながら生歌披露できるアイドルやアーティストをリスペクトしてる面もあって。(先日のDA PUMP再ブレイクにはその心理も働いてると思う)加えて団結力が高く、身内同士の連帯が強い。だからこそ、味方に出来たら最高だと思う。そう、チャンスなんだよ。アプガとこぶしのファンがどれくらい来るかわからないけど、男性が多数になるのはおそらく間違いないので、内輪ネタに走りすぎないコント的な面白さ、そしてかわいいとかっこいいのパフォーマンスのギャップをお届け出来たら優勝だと思う。ハロオタはブリブリの美少女にロックバンドみたいな歌唱をさせるのが大好物なので、この手のギャップは絶対刺さるんじゃないかと思ってるんだけどな…
 
 さらにこれは個人的な趣味の話なんだけれど、女装した男性って本物の女性には出せない魅力がありますよね。
 一時期原宿の某ショッピングモールでバイトしたことがあって、ロングヘアにショートパンツ、ピンヒールのサイハイブーツを履いた超絶美女な男性の方々と接する機会があってからつくづくそう思っている。女は女を装えないんですよ。男性だからこそ装える、女性的な色気がある気がする。男性的な骨格と、女性的なヘアメイクやファッションが上手く調和すると新たな美が完成するというか。良い意味で『化け物』と言いますか。白鳥ふくえ様が限りなく女性に近づけた美なら、そういう化け物的な美がとみたけい子様だと思ってます。あの肩幅、あの小顔、あの美貌から発せられる、隠す気もないドスの効いた歌声がめちゃめちゃに好きです。とみたんとは全然違うベクトルで好き。中毒性あるわ…
 そういうことを踏まえて考えてみると、Missmoa.って男性でも女性でもない前人未踏の新カテゴリーに属するアイドルなわけで、ある意味では競争相手がいない。それってめっちゃ将来性あるってことだよ…ジャ〇ーズが牛耳ってる男性アイドル界に比べたらほんとにね。完全に私情の入った予想だけど、Missmoa.今後の売り出し方次第ではかなりいいとこまで行くんじゃないかな。女装していながら女装負けしない実力を持ってるんだからさ。
 今年、さいたまスーパーアリーナで行われる@JAMで爪痕残せれば、まじで来年のTIFはあると思うよ。SSAなんて武道館の何倍だよ…

TIF、夢じゃないよ!


8月17日zepp divercity tokyo、ハロオタサイドでMesemoa.の存在はそこまでメジャーではない分、絶対驚かせられると思う。両者にとって歴史に残る日となることを信じて参戦してきます。





ここまでお読みくださり、本当にありがとうございます。
今更ですが、ですます調が入り混じっていて非常に読みにくいですね。





※Mesemoaメンバーがアップロードした画像はSNS上でのみ自由に利用できると公式サイトには書いてあったのですが、ブログってSNSに入るんでしょうか…非営利目的なら大丈夫かな…


2018.7.31

はじめましての方ははじめまして。なついと言います。東京近郊住みの成人です。女です。

ハロプロのオタクに目覚めて早5年、ほかのアイドルには一切見向きもしなかったわたしが、まさかの人生初男性アイドルに堕ちました。
そう、Mesemoa.だよ。



一週間前に、

www.youtube.com


この動画を見てからというもの、暇さえあればむすめん。及びMesemoa.の動画を見続け、底なし沼に沈み続けているオタクがわたしです。こんなに魅了されたのはズッキ卒コンの愛して愛してあと1分のまーちゃん以来かもしれない…

というわけで、ハロプロとは浅からぬ…むしろ深すぎる縁のあるグループにハマったわけなのだけど、武道館を目指している彼らのためにできることってなんだろう、と色々考えた末に日記開設しました、いや、ハロ垢はもちろん作りたてのめ。垢もフォロワーさん全然いないんだけど…これを読んでひとりでもMesemoa.を好きになって欲しいし良ければハロプロのことを好きになってほしいから。自己満足です。





ハロプロオタクのわたしがMesemoa.にはまったきっかけ






 めせもあに出会った経緯。それは、そもそも自分がハロプロオタクということもあって娘。のフリコピから入ったのかと言えばそうでもなく、あえて言うなら「踊ってみた」ジャンルがわりと好きだったからです。
 私の世代はちょうど中高生の時期がニコニコ動画の全盛と重なり、クラスに数人は必ず「ニコ厨」がいて、毎日パソコンでランキングをチェックしてメッセンジャーで感想を言い合うみたいな青春を送ってました。ハロプロに目覚める前です。そんな中で踊り手といえば、かなり記憶があやふやだけれどもギルティ✝︎ハーツや牛泥棒、りりりちゃん、そして我らがあおいくん。Mesemoa.の前身である「むすめん。」結成のきっかけとなった恋愛ハンターはギリギリかすってないような気がしますが、気まぐれプリンスさんや白服さんのことは知ってたので何かしら見てたんじゃないかと思います。
 そんなわけで、ニコ動発祥の「○○ってみた」文化の素養を育みながら学生時代を送ったわたしは、高校生になってニコニコ動画からは離れてもYouTubeTwitterで時折動画を見て色々と楽しんでいました。そのニコニコ動画からYouTubeに移行する過程でハロプロと出会いオタクに目覚める(2013~2014年頃)なのですが、それはまた今度詳しく書くとして。訳あって高校3年間はテレビがない環境で育ったので、音楽やダンスパフォーマンスが好きだったわたしはひたすらYouTubeで見られるものを漁ってました。

で、そこらへんでむすめん。を意識し始める。

 そう、本当にハマったのってここ最近というか先週なんだけど、ハロプロのオタクがアイドルグループ?を結成したこと自体は2015年くらいから知ってて、各メンバーのニコニコ大百科を見たりとかしてました。でも、ジャニーズにすら食指が動かない自分がイケメン風味な自称アイドル()に嵌るなんてありえないと思ってたし、踊ってみた動画を見るのが好きといっても踊り手個人のファンと言うよりはただダンスを鑑賞するだけだったからなんていうか…そういう目で見てなかったんだよ。(今にしてみれば、人にはそれぞれに用意されたタイミングってものがあるんだなと思いますけどね。運命だよ運命)

 そんなわけで、ハロプロのフリコピは逐一チェックしてたもののオリジナル曲には興味がなくて、「新鮮!!竜宮城RENBO」とかハロオタもびっくりなタイトルの動画が関連動画にちらほら見えてて、あぁまだ続けてるんだなぁ、くらいの気持ちだったの。それがだよ。2018年7月、忘れもしない21日深夜。初めてわたしは''アイドルオタク''としてMesemoa.をみた。


www.youtube.com

(2回目)


 いや、この動画はほんとにすごいと思う…MVみたいに凝った演出、選曲も素敵だけど、何より振り付けがいいよね。繰り出される怒涛の音ハメ。
 ここからはハロオタにしか通じないかもだけど、パフォーマンスにおいて音ハメって大事なんだよ。そう、ハロオタ歴5年うち3年佐藤優樹に捧げてる女が音ハメに魅了されないわけがないんだよ…それであおいくん以外は大してよく知らない踊り手さんたちの動きを繰り返し再生してひとりひとり見てたんだけど。

あれ、なんかやばいのがいる。



f:id:lovers0708:20180730233312j:plain



f:id:lovers0708:20180730233348j:plain



笑っている…だと…?




 いや、冗談でもなんでもなく。この動画、あおいくんや冒頭の気まぐれプリンスさん以外はわりと無表情なんですよ。それで演出にも合ってると思うし、あおいくんはあおいくんで三浦大知のカバーを踊ってた時なんかに顔芸(良い意味で)がすごかった記憶があったから、相変わらずの演技力だなぁって思ってたんだけど。よく見たらいるんだよ、この血みどろの景色の中で愉悦の表情を浮かべてるやつがもうひとり。


f:id:lovers0708:20180730233728j:plain


 この瞬間わたしはもう堕ちてたよ。最高だよ。魅了されるってこういう現象を指すんだよねって感じ。
 いやほんとに、愛して愛して後一分の落ちサビのまーちゃん(モーニング娘。佐藤優樹)を見たとき、もしかしたらそれ以上の衝撃だったよ…
 だって、歌ってないんだよ。踊りだけで、あとは10何人分にも分けられたカットの中の一瞬の表情しかないのに、完璧だったよ。アイドルとして。

 ここから先は自論の展開になるから読み飛ばして下さって全然構わないのだけど、今やアイドルというものは基本的にMV、動画で鑑賞する時代なわけで。もちろんライブに行けば推しだけをずっと目で追ってられるけど、動画サイト全盛の時代においてやっぱり入口はMVになるんだよね。だから、多人数が所属するグループなんかだと1秒にも満たないカット(抜きとかソロショットってやつ)でどれだけ視聴者を魅了できるかっていうのが鍵なのだと思う。つまり演技力。その点AKBグループなんかはめちゃくちゃ上手くて、やっぱみんなかわいくて、それでいてはっとさせる表情が上手いんですよ。ハロプロはMVのクオリティでは(℃-ute晩年を除き)やっぱりちょっと弱いなと思ってるんだけど、そのぶん大量に流出してるライブ映像が強みで、MVのカメラを意識した表情作りとはまた違う、言わば音楽に憑依された彼女達の一瞬の動きや歌、表情なんかがものすごい数のファンを惹き付けたりするよね。何度も言ってるけど佐藤優樹の愛して愛して後一分なんかはまさにその典型だと思う。


 長々と喋りましたが、何だろう…約束されたひとめぼれだった。もう心臓ごと掴まれて持ってかれた。つまり彼ことMesemoa.のとみたけ君こととみたんはあの動画(MV)で、決して多くないカットの中であの表情、優勝だったと思います(少なくとも私にとっては。)
 踊ってみた動画としてならもちろんSLHや先生に目が行くんだけど、ドルオタのセンサーが彼に反応してしまったよね。その時はまだ分からなかったけど、自称アイドルとして5年近くやってきたということなのでそういう魅せ方が上手いのも納得。


 そんなわけでそれからはもう急展開だよ。いわゆるダンスショット的なのじゃなくて、ちゃんと抜きのカットがあるオリジナル曲MVなんかを見まくって全員の顔と名前を一致させ、、とみたん関連の男子校2年5組も全部見て、マンガやブログ、中野サンプラザシリーズの動画を漁りまくってグループの辿ってきた歴史を知って号泣して、気づいたらTwitter開設してた。
 



 万が一、もしかしたらハロオタでMesemoa.について知らない人が読んでくれてるかもしれないから一応書くと、Mesemoa.(旧むすめん。)というグループはハロプロオタクの男性踊り手をを中心として結成されたグループで、最初はハロプロの振りコピしかしてなかったんだけど歌ったりオリジナル曲も出すようになって、それならハロプロの聖地中野サンプラザを目指してしまえ!ってことで紆余曲折ありつつも頑張った結果本当に中野サンプラザに立っちゃったグループで、今は次なる聖地日本武道館を目指して活動6年目に突入してます。(超絶ざっくり説明)
 もうわかってほしい。ハロオタなら、いやドルオタならわかってくれると思う。このストーリーを背負ってるグループを応援したくならないはずがないんだよ。アイドルに憧れ、アイドルをリスペクトし、アイドルを目指して自称アイドルになった。仕事や学校を捨てない選択肢もたぶんあったよ。リスク大きすぎるでしょ。アイドル戦国時代だよ。ジャニーズ以外で武道館に立った男性アイドルなんてわたしは知らないよ(※無知)
ひとことでいうと尊い


そんなわけで、このMesemoa.の夢を叶えるために、ファンを増やすためにわたしにできることは何か?と色々考えた。もしわたしが有名絵師だったら推しの絵を書いてフォロワーの興味を引けたのかなぁとか、いや一応オタクの芸事としてイラスト・カラオケ・ツイッターは嗜んでるけどフォロワー獲得できるほどじゃないし…とか。
考えてるうちに、ハロプロオタクなりかけのときにめっちゃ記事を読ませていただいていた有名ブロガーさんのことを思い出した。”小娘”こと乗田綾子さんという方で、ハロプロ及びSMAP界隈ではかなり有名…DA PUMPの再ブレイクにも一役買ってる。


そうだ、ブログを書こう!




というわけで、駄文ではありましたがハロプロのオタクがMesemoa.にはまったきっかけ、今回はこの辺りで締めたい。また、Mesemoa.の魅力についてとか色々書きます。
もしここまで読んでくださった方がいたらありがとうございます。

2018.7.31